2014年08月26日

空の酒ケーキ ほうらいせん(関谷醸造)

sakecake_kuu-3.jpg



愛知県在住の友人からお土産でいただいた、純米大吟醸『空(くう)』を使った酒ケーキ♪

純米大吟醸『空(くう)』は、地元でも手に入りにくい幻のお酒と言われているそうです。


sakecake_kuu-1.jpg

sakecake_kuu-2.jpg

sakecake_kuu-4.jpg



空の酒ケーキ ほうらいせん(関谷醸造)
「空(くう)の酒ケーキ」は、スポンジケーキを純米大吟醸『空(くう)』に浸したお酒の風味の酒ケーキとのこと。

普段は、日本酒をいただく機会がほとんどありません。
お酒に浸したケーキということだったので、パウンドケーキやサヴァランみたいな感じかな?
と想像していましたが・・・

ふわっふわ〜

スポンジケーキは、どちらかというとカステラに近い感じ。
アルコール分2.5パーセントとのことですが、お酒を使っている!といった強烈な印象ではなく、カステラよりももっとキメが細かくて、ふんわりとしていて柔らかくて、少しだけしっとりしていて、甘さ控えめというよりは、ほんのりとした優しい上品な甘さ。

軽い食感のケーキなので、いくらでも食べられそう♪
とっても美味しかったです☆



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。


ミユウ
posted by ミユウ at 07:23| Comment(2) | Cake / おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

ダージリン 2014セカンドフラッシュ(Moon Light DIANA DJ-96) キャッスルトン

wedgwood_palladian_teacupsaucer_castletondarjeeling-1.jpg



『ダージリン』は、インド北東部ヒマラヤ山脈の麓に位置するダージリン地方で生産される紅茶で、ダージリン地方は高地のため一日の寒暖差が激しく、濃い霧が紅茶栽培に適しているそうです。

『ダージリン』には、春摘み(ファーストフラッシュ)、夏摘み(セカンドフラッシュ)、秋摘み(オータムナル)と年に3回のクオリティーシーズンがあり、セカンドフラッシュと呼ばれる夏摘みの紅茶は、味と香りのバランスが良く、水色に優れた高品質な紅茶と言われています。


castleton2014_darjeeling2ndflush_moonlightDIANA-1.jpg

castleton2014_darjeeling2ndflush_moonlightDIANA-2.jpg

wedgwood_palladian_teacupsaucer_castletondarjeeling-2.jpg



DARJEELING ダージリン/リーフル LEAFULL
CASTLETON キャッスルトン農園
Moon Light DIANA DJ-96
セカンドフラッシュ
2014年6月摘み グレードFTGFOP1
湯量:280〜300ml
分量:3g
抽出時間:6〜7分
美味しい淹れ方のポイントは、湯量、紅茶の分量、抽出時間を目安に、必ず沸騰した熱湯をティーポットに注ぎ入れ、じっくりと蒸らします。

Moon Light DIANA ムーンライトダイアナ
ダージリン南部の標高約1,065m〜1,600mに位置するキャッスルトン農園は紅茶の品質の高いことで有名な農園。『Moon Light DIANA(ムーンライトダイアナ)』は夜明け前のまだうっすらと残る月明かりの中で摘み取られた茶葉とのこと。

紅茶の中でもダージリンが一番好き。
私はダージリンは、ノーシュガー、ノーミルクでいただきます。

淹れたての紅茶をカップに注いで・・・

まずは色を香りを楽しみます。
わずかに黄色みを帯びた透き通るような淡い色。
カップに顔を近づけると、フルーティーな爽やかな香りが漂います。

1杯めの紅茶をひと口含むと・・・
鼻先で弾ける柑橘系やマスカットなどの瑞々しい芳香。
白湯のような柔らかいお茶味に「ほっ」。

私はダージリンの渋みがそれほど気にならないので、、1杯めの飲み頃抽出時間(6〜7分)を過ぎても茶葉は引きあげずにそのまま放置しています。
2杯めの紅茶では、華やかで力強いダージリンの風味を楽しみます。

ダージリンは「紅茶のシャンパン」と呼ばれることもあるそうです。



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。


ミユウ
posted by ミユウ at 07:21| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

ゲランドの塩「海の果実」

fruitsdemer_Guerande-2.jpg


Fruits de Mer de GUERANDE
フリュード メール ド ゲランド
ゲランドの塩「海の果実」は、フランス・ブルターニュ半島南部の『白い土地』という意味を持つゲランド地域の塩田で、塩田の水面に最初に浮かぶ小さな白い結晶を“花びらを摘むように” 伝統的な手法による手作業で丁寧に収穫し、天日で仕上げた希少な塩とのこと。
「フルール ド セル(塩の花)」とも呼ばれているそうです。
ゲランド(Guérande)/wikipedia


fruitsdemer_Guerande-1.jpg

fruitsdemer_Guerande-3.jpg

fruitsdemer_Guerande-4.jpg


塩なのに「海の果実」って、不思議なネーミングですよね。

塩だけをなめてみると、海辺で遊んだときのしょっぱい海水の味がして、こどもの頃の懐かしい記憶が甦りました。
ゲランドの塩はしょっぱいけどまろやかで、ほんのりと甘さを感じるほど柔らかい味で、あと味のキレも良く、塩味が残らない感じです。

私はゲランドの塩「海の果実」を、サラダなど生の食材や、下味をつけずに焼いただけとか、ポトフのような料理の仕上げに直接ふりかけて使っています。


tomate_sel.jpg


塩の結晶を指先でつまんで数粒、プチトマトにトッピング。

びっくりするぐらいにプチトマトが甘〜い!

食材とゲランドの塩との驚きのマリア―ジュ♪
「味の対比効果」で、ゲランドの塩がプチトマト自体が持つ甘味を引き出してくれます。



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。


ミユウ

2014年08月19日

カフェ・トロワグロ CAFÉ TROISGROS 小田急百貨店新宿店本館8F 2014年初夏(July)メニュー

暑い日にはスパイシーなメニューが一層美味しく感じられますよね☆

カフェ・トロワグロの定番メニュー、トマトベースの酸味が効いた真っ赤な「自家製トマトカレー」を食べたくなります♪

7月上旬にいただいたカフェ・トロワグロの初夏メニューのご紹介です。

Troisgros Japan
☆Cuisine [s] Michel Troisgros
 キュイジーヌ [s] ミッシェル・トロワグロ ハイアットリージェンシー東京1F
☆Café Troisgros
 カフェ・トロワグロ 小田急百貨店新宿店本館8F
☆BOUTIQUE TROISGROS
 ブティック・トロワグロ 小田急百貨店新宿店本館B2F


cafetroisgros_baguette.JPG


カフェ・トロワグロではバゲットにバターは付いていません。理由は、バゲットそのものがとっても美味しいから。サクッと軽い口当たりのバゲットにサラダや料理をのせてタルティーヌ(オープンサンド)でもOK。料理のソースをつけたり、クルトン代わりに小さくちぎってスープに浮かべても美味しくいただけます。


Soupe froide de petits pois
グリンピースの冷製スープ

cafetroisgros-_2014july_soupefroide_petitspois-2.jpg

cafetroisgros-_2014july_soupefroide_petitspois-1.jpg


キンキンに冷えたスーププレートでサービスされるグリンピースの冷製スープは、シャーベットの一歩手前、スムージーみたいな感じ。

鮮やかなグリーンのスープに点々と浮かぶオレンジ色の果肉・・・?

つめた〜いグリンピースの冷製スープをスプーンでひとくち。

まずは、ふわっと広がるグリンピースの優しい甘み。
その後からオレンジの爽やかな柑橘系の酸味と香り。
グリンピースにオレンジの組合せがユニーク!
最後にピリリッとスパイスがスープの味を引き締める、立体的な風味のスープです。

冷たくて、味の変化が楽しくて、スプーンが止まらない美味しさ♪


Raviole d’oeuf mollet, duxelle de champignons
ラヴィオリ、シャンピニオンデュクセルと卵黄の醤油漬け

cafetroisgros-_2014july_raviole-2.jpg

cafetroisgros-_2014july_raviole-1.jpg

cafetroisgros-_2014july_raviole-3.jpg


冷製ラヴィオリの中身は、刻んだシイタケと卵黄の醤油漬け。
卵黄の醤油漬けは、醤油が香るまろやか&濃厚な卵黄クリームソースの役割。
ラヴィオリの周囲には、小さく刻んだブロッコリーと紋甲イカの燻製が散りばめられて見た目も素敵♪
ラヴィオリだけだと薄味ですが、燻製の紋甲イカと一緒に食べるとちょうど良い感じ。コリコリッとしたブロッコリーの食感が楽しいアクセント。
崩した卵黄を全体にからめながらいただきます。


Curry de poulet, sauce tomate maison
自家製トマトカレー、鶏モモ肉の煮込み、五穀米添え

cafetroisgros-_2014july_tomatecurey_poulet-1.jpg


トマトベースの酸味が効いた真っ赤なカレー。

見た目はトマトソース風。
パクっとひと口食べると、トマトの酸味がしっかりと感じられて、ヒーヒーするような辛さではありませんが、スパイシーな香りがして、じんわりと辛くて、やっぱりカレー。

五穀米とサラダがセットされた「自家製トマトカレー」は、一年中メニューに掲載されているカフェ・トロワグロのスペシャリテメニューのひとつです。
チキンやポークなど、その時々で合わせる具材がアレンジされていて、1年中いろいろなバリエーションのトマトカレーが楽しめます。

今回いただいたのは、チキン煮込みカレー。
ナイフが必要無いぐらいに柔らかく煮込まれたチキンは、スプーンとフォークだけで身がほぐれます。
サイドに添えられた、カイワレ大根と白髪ねぎ、大葉のサラダがさっぱりとしていてカレーとの相性もGOOD!


自家製トマトカレー、豚肩ロースのグリル(2013年September)
ボリューム感のある柔らかい豚肩ロースのグリルが食べごたえあり!

cafetroisgros_2013sep_curry_de_porc_grille-2.jpg



☆自家製トマトカレー、チキンのグリル添え(2012年November)
チキンのハーブ焼きはコリアンダーシードの香りが印象的。

cafetroisgros_2012nov_curryalatomate.jpg



Pavlova de lait de coco, sorbet d’ananas
ココナッツのパブロバとパイナップルのソルベ

cafetroisgros-_2014july_cocopavlova_sorbetd'ananas-2.jpg

cafetroisgros-_2014july_cocopavlova_sorbetd'ananas-1.jpg


パイナップルスライスの上に乗っている白色の部分が「ココナッツのパブロバ」。パブロバはメレンゲを焼いたサクサクとした軽い食感の焼き菓子のこと。
さらに、ココナッツのパブロバの上にパイナップルのシャーベットを乗せて、全体にライムの皮を散らします。

甘酸っぱいパイナップルの香りと清涼感のあるライムの香りがふわぁ〜
それと・・・もう1種類、華やかな香りがします。
スタッフの方に伺ったところ、華やかな香りの正体は「アニス」とのことでした。

へぇ、パイナップルって「アナナス」とも言うんだ!
「アナナス」って、なんだか可愛らしい響きですね。


cafetroisgros_teaset.jpg


食後の飲み物は、ホットもしくはアイスでコーヒーまたは紅茶(アールグレイ/ダージリン)から選べます。紅茶はポットでサービスされるので、1杯目はデザートと一緒に、2杯目は食後の余韻を楽しみながら、ゆっくりといただきます。


a small, good thing > restaurant > Chef


この記事内に掲載している写真は、事前にレストランの撮影許可をいただいて撮影しています。
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。


ミユウ
posted by ミユウ at 23:38| Comment(0) | レストラン de ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

白い亀の子たわし

kamenokotawashi_white-2.jpg


これな〜んだ!?

真っ白な亀の子たわしを見つけました☆
しかも、ドーナツみたいに真ん丸です。

白いたわし/亀の子束子
「白いたわし」シリーズ
素材:やわらかめのサイザル麻と、かためのホワイトパームの2種類
サイズ:大と小の2サイズ

kamenokotawashi_white-1.jpg

kamenokotawashi_white-3.jpg

kamenokotawashi_white-4.jpg


亀の子たわしはキッチンの必需品。
以前からブラシ部分にパームやしを使った茶色の楕円形タイプを愛用。
焦がしてしまった鍋やフライパンの落ちにくい汚れをゴシゴシ洗うのにはOKだけど、硬い肌触りがちょっと気になっていました。

今回、私が選んだのはサイザル麻を使ったタイプの小サイズ。
サイザル麻のたわしは、水に濡れるとブラシ部分がしっとりと柔らかい肌触りで、食器や鍋だけじゃなくお肌にも優しい使い心地です。
ドーナツ型の真ん丸なたわしは手に持ったときのフィット感もよく、お鍋やフライパンのカーブ部分も円を描くようにしてスムーズに洗えます。

あと、真っ白で真ん丸なたわしは置いておくだけでも可愛らしくて、キッチンの後片付けが楽しくなります♪



当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。


ミユウ
posted by ミユウ at 22:38| Comment(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする